鶴岡小学校5年生が「味噌玉づくり」に挑戦!

平成25年11月27日(水)佐伯市鶴岡小学校5年生が、6月に自分たちで作った味噌を使って味噌玉(味噌汁のもと)づくりを行いました。
a0279629_1312779.jpg

母ちゃんの会(代表:酒井智江さん)の指導で、まず味噌を「すりこぎ」ですります。このときに心をこめることがおいしい味噌をつくる秘訣だそうです。そして、乾燥ワカメや切り干し大根を入れて完成です。
a0279629_13115365.jpg

作った味噌玉は、12月1日に行われる鶴岡地区の公民館祭りで、地域の方々に味噌汁にして飲んでいただくそうです。
日本の伝統食「味噌」を自分たちで作ることで、お家でも毎日味噌汁を飲んで元気な体を作ってもらいたいですね。
[PR]

by shokunomachi | 2013-11-27 13:13 | 体験学習 | Comments(0)
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line