東雲中学校の2年生が、「食育調べ学習」で生産者訪問を行いました!

平成27年9月28日(月)東雲中学校の2年生が、「食育調べ学習(地域食材の生産者訪問)」で佐伯市内の生産者ところへ訪問しました。

この事業は、今年度東雲中学校が大分県から「栄養教諭を活用した食育推進事業」の指定校
になっており、その事業の一つとして実施されました。

4班に分かれてそれぞれの生産者の場所に訪問し、インタビューや体験活動などを行いました。
全部の体験の様子を見学したかったのですが、現場が離れているため、見学することができた部分のみお伝えします。

まず1班が訪問している「赤松蒲鉾店」さんへ
a0279629_10402370.jpg

蒲鉾作りについてインタビューしたあと実際にくじゃく作りを体験!
a0279629_10414678.jpg

思っていたよりすり身が柔く、くじゃくの形にするのに苦労していました!

続いて3班が訪問している農事組合法人いちはらファームさんへ
a0279629_10454857.jpg

こちらでは椎茸の収穫を体験!時期ではないのですが、収穫出来るように準備してくれており、収穫体験をさせていただきました!
続いて椎茸コマ打ち体験
a0279629_1132334.jpg

貴重な体験をさせていただきました!

続いて2班の訪問しているまるかん商店さんへ
a0279629_11342619.jpg

a0279629_11344150.jpg

こちらではにわとりを飼育する上での苦労や、にわとりの生態についても教えていただきました!

残念ながらここでタイムアップとなってしまいました。
他には2班が蕨野(わらびの)鶏卵や、4班がアクアファームに訪問しました。

今回の体験を通じ、、食材への感謝の気持ちを忘れずにいてもらいたいと思います。
[PR]

by shokunomachi | 2015-10-01 11:55 | Comments(0)
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line