<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


佐伯小学校の食育の取組を発表!

平成25年10月29日(火)佐伯小学校におきまして「栄養教諭を活用した食育推進事業実践報告会」が開催されました。
5年生の公開授業では、「元気が出る味噌汁に入れる実(具)を考えよう」というテーマで、まずみんなでどういうところに気を付けるかを話し合いました。栄養バランス、好み、旬、新鮮なもの、近くでとれたものなどがあがっていました。それから各班に分かれてのグループワークで3種類の実を決めて発表し、栄養教諭の山本桃子先生より、アドバイスがありました。白菜・タマネギ・ニンジン・豆腐・ワカメ・干し椎茸などの具があがっていました。ちゃんと栄養バランスや旬のほか色合いなども考えたとの発表もありました。
 前回の授業では、ダシ(コンブ・イリコ・鰹節など)の飲み比べや味噌の味比べも行ったとのことでした。
 小学校でこんな授業があることはすばらしいことです。子どもたちも生きる力をめきめきつけているように見えました。
a0279629_1335485.jpg

公開授業のあとは全大会で取組の発表の後、各テーマごとにディスカッションが行われました。栄養教諭を中心に先生方や調理員の方々がうまく連携し、「子どもたちのため」という共通の想いで取り組んでいるからこそ、すばらしい取組ができているんだと思いました。
a0279629_13354887.jpg

この中で気になったのは、今家庭で和食があまり出なくなっており、小学校1年生は和食の多い佐伯小学校の給食の味に最初は慣れない子が多いけど、先生や上級生にほめられることにより、子どもたちは自信を持ち、次第に食べられるようになり好きになってきているとのことです。学校給食の重要性を実感しました。
[PR]

by shokunomachi | 2013-10-30 13:36 | 学校給食 | Comments(0)

第2回味覚教室が開催されました!

平成25年10月26日(土)herb café yoiya主催の「第2回味覚教室」が行われました。
今回も意識(こころ)の河野麻美さんの指導で、まずは、「甘い・しょっぱい・苦い」など色々な味のテイスティングを行いました。ほとんどの子が当たっており、子どもたちの味に敏感なことが分かりました。
a0279629_1413546.jpg

旨みは、ダシ(昆布、鰹節、イリコ、ホンダシ)のテイスティングも行いました。これもほとんど当たっていました。好みの味も第1回と同じくイリコが多いようでした。佐伯は鰹節よりもイリコを普段食べているからということだそうです。
a0279629_14132738.jpg

つぎに、味噌玉づくりに挑戦です。みんなで味噌をすりこぎですって、カットワカメや切り干し大根を入れました。子どもたちが一生懸命味噌をすると味がすごくおいしくなるということです。
a0279629_141361.jpg

つぎに、土鍋で炊いたご飯(3分つき米)でおにぎりを作りました。
手には水の代わりに滅菌作用のある梅酢をつけて、
佐伯市で作られる4種類の塩を味見して、好みの塩を使って握りました。
a0279629_14135414.jpg

完成したらお楽しみのみんなで試食です。
11月10日(日)には味噌づくりを行って、味噌の味の比較を実施予定です。
子どもの味覚は8歳~10歳がピークです。みなさん子どもたちと一緒に参加してみませんか。
[PR]

by shokunomachi | 2013-10-28 14:14 | 体験学習 | Comments(0)

子どもたちが自分たちで漬けた梅干しで梅クッキーを作りました!

平成25年10月26日(土)弥生母親クラブの子どもたちが梅クッキーづくりを行いました。
a0279629_1328539.jpg

参加した22人の子どもたちは、保護者(8人)の指導で7月に自分たちで漬けこんだ梅干をほぐし、材料を入れて、心をこめてねっていました。
a0279629_1329103.jpg

同じぐらいの大きさに丸めて、焼いて、袋に入れて完成です。
a0279629_13292383.jpg

みんなで作って、みんなで楽しく食べることは大切ですね。味も一層おいしくなったのではないでしょうか。
[PR]

by shokunomachi | 2013-10-28 13:28 | 講演・研修 | Comments(0)

ドクター岡崎が佐伯市にやってきた!

平成25年10月23日(水)岡崎康秀先生の講演会が佐伯東地区公民館で開催されました。
「世界一受けたい!食育の話」というテーマで、食べ物を食べる命の入り口である「歯の大切さ」や「口腔ケアの大切さ」また「鼻呼吸の大切」さを、マンガを使ったり、クイズ形式で楽しくお話いただきました。
a0279629_124054.jpg

また、「一番大切なのは食事を一人で食べるのではなく、みんなで楽しく食べること」など、食をとおした子どもたちの教育にも触れられました。
a0279629_124496.jpg

[PR]

by shokunomachi | 2013-10-28 12:06 | 講演・研修 | Comments(0)

しろやま保育園園児、稲刈りに挑戦!

平成25年6月に佐伯市大字戸穴の広末さんのご厚意でしろやま共同保育園の園児が田植えをしましたお米が育ち、10月18日(金)に稲刈りを行いました。今回も広末さん指導で、園児はなんとカマをもって稲刈りをしました。
a0279629_9455438.jpg

普段あぶないからとあまり持たせてもらえない刃物をしっかりもって、上手に稲を刈っていました。子どもたちにとっては大変貴重な体験になったと思います。
a0279629_9454193.jpg

今回ご協力いただいた末広さんは無農薬の自然農法でお米を育てられているとのことです。子どもたちもこうした体験を通して、自分たちも地域の方々に守られていることに、将来気づいてくれると思います。やっぱり佐伯市の自然や人ってすばらしいですね。
[PR]

by shokunomachi | 2013-10-21 09:47 | 講演・研修 | Comments(0)

第1回「大人がつくる弁当の日in佐伯」が開催されました!

平成25年10月18日(金)、第1回弁当の日in佐伯がよろうや仲町で開催されました。意識(代表:河野麻美さん)の呼びかけで、20人の参加者が自分でつくったお弁当を持ち寄り、みんなで見せあいながら意見交換をおこないました。
a0279629_1734335.jpg

楽しい弁当が多く、歓声も上がっていました。
みんな写真をとりながら、会話もはずんでいました。
a0279629_17335869.jpg

この取組をとおして、楽しみながら「子どもがつくる弁当の日」の大切さをみなさんと共有し、学校だけでなく、家庭で子どもたちが自ら台所で料理をすることができたらなと思っています。
a0279629_17342183.jpg

主催者の河野麻美さんは、この弁当の日を通じて、命の大切さ、生きている意味などみんなで分かち合えていけたらと言われていました。
次回は11月22日(金)の12:00から開催されるそうです。みなさんも一緒に楽しみませんか。
詳しくは、意識(こころ)河野麻美さんまで(☎090-7986-3528)

「子どもがつくる弁当の日」については、こちらをご覧ください。
[PR]

by shokunomachi | 2013-10-18 17:35 | 講演・研修 | Comments(0)

弁当の日に参加しませんか!

今、全国の小中学校で取り組まれている「弁当の日」。みなさんも体験してみませんか!10月18日(金)12:00~佐伯市のよろうや仲町で開催します。参加は自由です。自分で作ったお弁当を持ち寄って、楽しくお話しながら食べましょう!
a0279629_171997.jpg

問い合わせ:意識(こころ) 代表:河野麻美(☎090-7986-3528)
「弁当の日」についてはこちらをご覧ください。
[PR]

by shokunomachi | 2013-10-09 17:02 | 講演・研修 | Comments(0)

佐伯ナチュラル風土(Food)クッキング、10月は「ベジブロス」

「佐伯ナチュラル風土(Food)クッキング」10月は野菜の皮や根っこなどでとるお出汁(だし)「ベジブロス」を紹介します。
a0279629_1619239.jpg

ベジブロスは野菜などが持っている旨みや栄養、さらに「いのち」を丸ごといただくというホールフード料理の原点とも言えるもので、作り方はとっても簡単で栄養も満点、おまけに環境にもやさしいお出汁(だし)です。
a0279629_16194960.jpg

ベジブロスの作り方、そしてベジブロスを使った料理「ひじき蓮根ご飯」と「ポトフ」の作り方をご紹介します。
a0279629_16192991.jpg

出演は大分県食育ひろげ隊の講師 河野麻美さんです。
ナチュラル風土(Food)クッキングは毎月第3週にケーブルテレビ佐伯で放映されます。
a0279629_16194071.jpg

[PR]

by shokunomachi | 2013-10-03 16:18 | 食材 | Comments(0)
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line