鶴岡小学校の6年生、梅干し作りにチャレンジ!

平成25年6月3日(月)「母ちゃんの会」による梅干し、梅シロップ作り体験が鶴岡小学校で行われました。
a0279629_1646212.jpg

「母ちゃんの会」代表の酒井智江さんの説明の後、今回は6班に分かれて梅を漬け込みました。オケに佐伯産の梅と塩を交互に入れていきました。最後に落としぶたをして重りをしました。
a0279629_16461945.jpg

 塩は梅の量の18%で、少ないとカビが来るそうです。重りは梅の重さの2倍の重りを乗せます。
早かったら3日ぐらいで汁が出るそうです。
a0279629_16463574.jpg

これから先、シソもみなどの作業を行って、おいしい梅干を作ります。作った梅干は、自分で作る「お弁当の日」の弁当に入れます。
また、この日は梅シロップづくりにもチャレンジしました。
[PR]

by shokunomachi | 2013-06-04 16:49 | 講演・研修
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line