「さいき活き活き献立の日」夏季調理実習会が行われました!

学校給食に多くの地域食材を取り入れ、将来の佐伯市を担う子どもたちに地元の農林水産物と地域への理解を深めるとともに、食への関心を高めていくためにはじめられた「さいき活き活き献立の日」。
平成25年度9月以降のメニュー及び平成26年度前半の素材を決める調理実習会が、平成25年8月1日(木)佐伯市和楽で行われました。
a0279629_1541836.jpg

各学校栄養士及び調理員が共同で開催するもので、生産者や市関係者も参加し、各班に分かれて素材ごとに候補メニューを調理しました。
a0279629_1541384.jpg

完成後、全員で試食し、意見交換を行い、メニューを決定します。生産者の方による食材の説明もありました。
a0279629_15414618.jpg

こうした栄養士や調理員さんの努力で、おいしくて安心・安全な給食を子どもたちは食べることができるんですね。食材はもちろんですが、こうした栄養士、調理員や生産者の方々への感謝の意持ちを忘れずに、残さず食べてください。
[PR]

by shokunomachi | 2013-08-01 15:42 | 学校給食
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line