アユのちょん掛け、つかみ取りにチャレンジ!

平成25年8月19日(月)幼児クラブ風の子、弥生ジュニアスクール、蒲江ふるさと探検隊の子どもたちが、アユのちょん掛け・つかみ取り体験で交流しました。
a0279629_851547.jpg

佐伯市地域伝統のアユのちょん掛け漁についての説明の後、10人の班に分かれて網の中で泳いでいるアユを専用の道具でひっかけます。最初は手こずっていた子どもたちもすぐにコツをつかみ、多くのアユをひっかけていました。
a0279629_8513741.jpg

幼児クラブ風の子のメンバーは、アユのつかみ取りです。なかなかつかまらないアユに苦労しながらも楽しんでいました。
a0279629_8513141.jpg

捕まえたアユはみんなで調理。内臓をとって水洗いをして、
a0279629_852426.jpg

みんなで火をおこして、塩焼きとアユめし、味噌汁にしていただきました。
a0279629_852121.jpg

この体験で生きたアユに触れることで、命をいただくことへの感謝の心がはぐくまれると思います。
[PR]

by shokunomachi | 2013-08-20 08:59 | 講演・研修
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line