第3回佐伯人創造塾が開催されました!

平成26年10月18日(土)佐伯東地区公民館にて、佐伯人創造塾が開催されました!
a0279629_1015470.jpg

第3回となる今回の講師は九州大学決断科学センター準教授の比良松 道一さんです。
a0279629_1033654.jpg

まずは現在の大学生の食生活について教えていただきました!
和食がユネスコの無形文化遺産として登録され、注目されているにも関わらず、若者の食生活は荒れています。特に大学生の4割は朝食を摂らず、みそ汁の摂取率は2割にも満たないそうです。学生に普段食べた物をアンケートに記入してもらうと、ご飯のかわりにお菓子を食べたり、自炊をせず、外食やコンビニで食事をすませてしまっているというお話に愕然としました。

続いては「佐伯の宝物」について。
a0279629_10112268.jpg

いつもは机で大きな一つの円を作り、みんなで話をするのですが、今回は4人の班を作り、ワールドカフェ方式で行いました。それぞれの班で、佐伯の宝物を話し、その宝物をどうすれば伝えられるかを話し、その話の中で出た話を机にひいてある紙に書いていきます。


ある程度の時間が来たら、班の一人が班に残り、他の人は同じ班員がいない班に移動します。
新しい班が決まったら、班長が前回の班で話し合ったことを、他の班から来た人は前の班で話したことを話して行きます。

最終的にそれぞれの班で話合ったことを発表してもいます。今回は時間の関係で省略させていただきました。そして、係長がそれぞれの班の話をまとめたものがこちらです!
a0279629_10262337.jpg


少し見にくいですが、それぞれの班で話合ったことがそれぞれ、モノ、ヒト、トコロに分かれています。そしてそれぞれに重なる部分につながりになるものがあります。佐伯にはたくさんの宝物があるのですが、今回のように違う世代の人たちが話していかなければ、伝えていくことは難しいなと思いました。
[PR]

by shokunomachi | 2014-10-23 10:45 | Comments(0)
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line