佐伯東小学校ママクラブ主催のみそ作り教室が行われました!

平成27年1月17日(土)佐伯東小学校の家庭科教室にて、佐伯東小学校ママクラブ主催のみそ作り教室が行われました!今回は幼稚園、小学生対象に開催されました。
a0279629_13534626.jpg


そして今回の教室の先生は350年以上続く「糀屋本店」の浅利良得さんです!
a0279629_13554026.jpg


まずはプロジェクターを使用して味噌造りの様子や、味噌の種類などの説明がありました!
大きく分けてみその種類は「米みそ」、「麦みそ」、「まめみそ」、「合わせみそ」だそうです。
その中でも佐伯は「麦みそ」が主流だそうです。
みそはそれぞれの地域で違うので、慣れ親しんだみそがやはり一番おいしく感じるそうです。

講義に続いていよいよみそ作りの開始です!
まずは一晩水につけていた大豆を圧力鍋でゆでて、袋に入れてつぶします。
a0279629_14242260.jpg

大豆をゆでた汁を堅さ調整のために使ったりするそうなんですが、このゆで汁で髪を
あらうと髪がキレイになるそうです!ただし!臭いが結構するそうなので試される
方はご注意を!


次に麦糀と米糀をボールに入れ、つぶした大豆と混ぜます。
a0279629_14263712.jpg


次に混ぜ合わせた物をピンポン球ぐらいの大きさに丸め、中に空気が入らないように
袋の端から押し込んで行きます。
a0279629_14285999.jpg


あとは常温で玄関、お風呂場以外の日の当たらない場所に置いて、1日1回ひっくり返して
保存します。
食べ頃は2ヶ月後と、6ヶ月ぐらいが食べ頃で、食べ頃になったら冷蔵庫に
入れて保存すると発酵が止まり、そのままの味を保てるそうです。

昔は各家庭でみそを作っていましたが、今は買うのが当たり前になっています。
こういう教室をきっかけにみそ作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?
[PR]

by shokunomachi | 2015-01-20 14:42
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line