佐伯東地区公民館にて、佐伯少年少女タグラグビー教室の子どもたちが料理に挑戦しました!

平成27年7月11日(土)佐伯東地区公民館にて、佐伯少年少女タグラグビー教室の子どもたちが料理に挑戦しました!

今回は「おおいた食育人材バンク」を利用して、講師にムッシュ・カワノの河野 辰也 氏をお招きし、キャンプ料理としてカレー作りに挑戦しました!
a0279629_916143.jpg


まずはお米の研ぎ方から。
a0279629_9291673.jpg

コツは最初に洗った水を素早く捨てることです!一番最初の汚れた水をお米が吸収してしまわないようにします。

続いて野菜を切ります。
a0279629_946456.jpg

包丁の持ち方から丁寧に教えていただきました。

今回はカレーだけではなく、スープにサラダ、デザートまで作りました!

終始子どもたちは楽しそうに料理していました!タグラグビーの先生は普段の練習もこれぐらい真剣に話を聞いてほしいと話していました!

味見するのも勉強!ということで、河野先生がスリランカのキーマカレーとインドのグリーンカレーを作ってきてくれました!子どもたちはグリーンカレーの辛さにビックリしていました!
a0279629_9383962.jpg

辛さの理由は、インドはとても暑い国です。汗をかいて体を冷やすために辛い物を食べるそうです!その土地の風土や気候にあった食べ物が食べられているんですね!
[PR]

by shokunomachi | 2015-07-17 09:51 | Comments(0)
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line