「元猿かもめの会」郷土料理伝承事業の2回目が行われました!

平成27年7月28日(火)元猿集会所にて、「元猿かもめの会」郷土料理伝承事業の第2回目が開催されました!
a0279629_1641749.jpg


今回も地域の先輩から昔ながらの料理を教えていただきました!
a0279629_16415424.jpg


まずは「ねり」と言われる料理。自分も初めて聞いたんですが、冬にサツマイモの皮をむいて、2,3㎜ほどにスライスしたものを天日に干して乾燥させて保存しておいた物を水洗いして鍋に入れます。
a0279629_16435229.jpg


これに水と、一晩水につけた黒豆を入れて20分ほど煮ます。

次につやします・・・?つやす?蒲江の方言のようでつぶすという意味だそうです。
この作業がかなり力がいる作業でみなさんでかわりばんこにつやしていました!
a0279629_1653507.jpg

よくつやしたものに、砂糖を入れて完成です!

食べる時にはお茶や、お水を入れて食べるそうです!
a0279629_16573044.jpg

今回は暑かったので冷たいお茶でいただきました!

昔はこれが主食の時があったらしく、今ではごちそうだと教えてくれました。地元の人に聞いたところ、つやすのが大変で、なかなか作ることが少なくなってしまい、年に一回ぐらいしか食べないと聞きました。

続いてはかんくろもち!
まずは白玉粉と団子粉と砂糖とたんさんを混ぜ合わせ、50℃のお湯をいれてこねます。
a0279629_1710097.jpg


あんこをつつんで「さんきら」の葉で包んで20分蒸して完成です!
a0279629_17102330.jpg

a0279629_17103870.jpg


他にもところてんや、梅干し、らっきょう、吸い物など様々な料理が作られました!
昔は食べ物を作るのに時間が掛かって大変だったと話してくれました。

次回は10月頃を予定しているそうです!
[PR]

by shokunomachi | 2015-07-28 17:12 | Comments(0)
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line