<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


佐伯市の主婦が本場フランス料理を学ぶ!

平成24年11月20日(火)佐伯市八幡公民館において、佐伯市のムッシュカワノ オーナー 河野辰也さんのフランス料理の教室がありました。
a0279629_14465143.jpg

食材も河野さんが選んだものを持参、なんとその中には、サプライズでトリュフ・キャビア・フォアグラも。もちろん当日の調理に使用しました。15名の参加者は食材のにおいをかいだり、盛り上がっていました。
a0279629_1447755.jpg

調理実習に入ると、河野さんのプロの技にメモをとったり、手分けをして一生懸命調理していました。
a0279629_14471848.jpg

[PR]

by shokunomachi | 2012-11-29 14:48 | 講演・研修 | Comments(0)

「あいうべ体操」の今井先生がやってきた!

平成24年11月19日(月)佐伯市和楽において、「あいうべ体操」の考案者、みらいクリニック(福岡県)今井一彰院長の講演会がありました。
a0279629_14332054.jpg

今井先生は「鼻呼吸を日本の文化に」を夢に、鼻呼吸の大切さを実例を示しながら話されました。
今、日本は医者が足りないといわれているが、今井先生は病気になる人を減らせばいいというお考えで、口呼吸を鼻呼吸に戻し、免疫力をアップさせ、しかも、家庭で無料でできる「あいうべ体操」の普及に尽力されています。
みなさんも自分の健康を維持するため、そして医療費等で子どもたちにつけを回さないように、「あいうべ体操」やってみませんか。
10回を1日3回、計30回、簡単です。お風呂場でやると効果的です。
a0279629_14355652.png

[PR]

by shokunomachi | 2012-11-29 14:38 | 講演・研修 | Comments(0)

佐伯小学校で給食の試食会が行われました!

平成24年11月18日(日)佐伯小学校におきまして「給食試食会」が開催されました。
佐伯小学校PTA(育友会)が、保護者や校区内の老人クラブの方々、食育推進会議メンバー等を招待し、約30名が参加しました。
a0279629_122567.jpg

 当日の給食食材は、なんとすべて佐伯産。
 ・ブリのあまねぎソース ・だいこんの甘糀漬け ・すましじる ・しんちょきもち
 ・ごはんも佐伯産
a0279629_1231774.jpg

ここまで地域の食材にこだわった給食は日本でも少ないと思います。
栄養教諭や調理員の皆さんは大変だと思いますが、佐伯市の将来を背負う子どもたちのために頑張っている姿には頭が下がります。ありがとうございます。
a0279629_123327.jpg

栄養教諭の山本桃子先生より学校給食の説明がありました。
[PR]

by shokunomachi | 2012-11-29 12:06 | 学校給食 | Comments(0)

佐伯市の中学生がブリの解体ショーを披露!

平成24年11月18日(日) 蒲江公民館におきまして、佐伯市立蒲江翔南中学校ブリ祭り(第1回情熱祭)が行われました。これは、蒲江翔南中学校魚食普及活動として行われ、6月からブリなどの魚の勉強や調理実習を重ね、その研修の成果や魚料理の腕前が今回披露されました。
a0279629_1148258.jpg

当日は、朝からブリカツやブリ汁などを生徒が作り、お客さんに昼食としてふるまわれました。
a0279629_1149873.jpg

注目のブリの解体ショーは、生徒が3組に分かれ、各チームでブリを1本ずつさばいていきましたが、新鮮なブリにちょっとてこずっていた。また、司会進行等もすべて生徒の手で行っていました。
a0279629_11492726.jpg

このようなすばらしい体験を通して、食べ物の命をいただいているということを実感し、また、将来地元で漁業を継ぐ人が育つことを期待しています。
このようなすばらしい取組が今後も続くとともに、他の学校でも取り組まれることを期待しています。
[PR]

by shokunomachi | 2012-11-29 11:50 | 食材 | Comments(0)

佐伯市青山の家庭料理が大集合!

平成24年11月17日(土) 佐伯市青山公民館におきまして、各地で食と生活文化の伝承等のプロデュースをされています森千鶴子先生を講師にお迎えして「家庭料理大集合」が行われました。
 これは、失われつつある伝統的な食材や家庭料理を見つめなおし、食材の活用や料理の伝承を目指すと同時に食を通じて世代間の交流と親睦を図るために、地域の食育団体「梛(ナギ)の木会」(代表 安藤美恵子さん)が実施したものです。
a0279629_9585481.jpg

 各家庭で作った料理を持ち寄り、各自が自分で作った料理を紹介。それに対してみんなが意見交換を行いました。こうしたらいいなど、活発な意見交換が行われ、普段人前でしゃべることが苦手といっている人も頑張ってしゃべられていました。料理の食材は、ほとんど自分のところで取れたものやいただきもので作っているということです。
a0279629_9584186.jpg

ショウガなどの野菜を使った料理やイノシシやシカの肉を使った料理など24品がずらりと並べられ、バイキング形式でみんなで試食しました。会場は農家レストランのようになり、みなさん料理や食材の話題で交流を深められていました。
a0279629_9591933.jpg

 今後もこの活動が広まり、佐伯市内外の様々な世代の方々に食べていただき、次の世代につないでいただけることを期待しています。
[PR]

by shokunomachi | 2012-11-29 10:00 | 講演・研修 | Comments(0)

タカコ・ナカムラさんが佐伯にやってきた!

平成24年11月16日(金) 佐伯市和楽におきまして、タカコ・ナカムラさん(ホールフード協会会長)を講師にお迎えして、「ホールフードを学ぼう」というテーマで、野菜の皮などを全て使ったホールフードの調理実習会が行われました。
a0279629_8585130.jpg

Whole Food(ホールフード)とは、皮も根っこもまるごと食べる「全体食」から生まれた言葉ですが、食や暮らし、農業、環境を同じフィールドでとらえる考え方を表現することをWhole Food(ホールフード)と呼んでいます。
a0279629_902812.jpg

メニューは「玄米の栗ご飯」「玄米と人参のスープ」「野菜の醤油漬け」「甘酒グリル」の4品。
参加したメンバーは、自分の健康だけでなく地球環境まで考えた料理の、新しい考え方や料理の仕方を、熱心に学んでいました。
a0279629_9041.jpg

 ホールフードを通して、次の世代に安全な食べ物、豊かな自然を残していきたい。
そのために私たちのできることは、安全なものを作ってくれる生産者を応援すること。
それは、その産物を買うこと、そのおいしさを伝えていくことが必要だということです。
 そして、健康への最短距離は安全・安心な食材を使って自分で料理をすることが大切だということでした。
私たちが人間として本当に大切なこと、食をとおして私たちができることを学ばせていただきました。
料理もおいしかったです。
[PR]

by shokunomachi | 2012-11-27 09:06 | 講演・研修 | Comments(0)

家族でブリ料理にチャレンジしませんか!

Heart Warm(代表:久野由香)主催お魚料理教室、第3回の食材は冬が旬のブリ。
なんと、1組(家族)ごとにブリが1本つき、ブリを3枚におろすところから、教えちゃいます。
今年の年越し・お正月は、ブリ料理に決まり!
・と き:平成24年12月1日(土)16:00~19:00
・ところ:和楽(3階)調理室(佐伯市向島1丁目3番8号)
・参加料:1家族3,900円
・募集数:8組(家族)…先着順です。
・各自で準備してもらうもの:エプロン、三角巾(バンダナ)、タオル、米2合(1組)
・特典:1組(家族)1本のブリを使用します。
・おことわり:悪天によりブリが獲れない場合は、中止になることもあります。
・申し込み:11月25日(日)まで
・申し込み先:Heart Warm 代表:久野由香(携帯080-5256-9690)
       申し込み、問い合わせは19:00~21:00の時間帯でお願いします。
a0279629_121458.jpg

[PR]

by shokunomachi | 2012-11-08 12:11 | 講演・研修 | Comments(0)

笑いは百薬に勝る!医学界のきみまろ…、昇 幹夫先生 ついに佐伯初講演!

笑って 泣いて ためになる! ~食と笑いのトークライブ~
・と き…平成24年11月28日(水)
     18時30分開演(18時開場)
・ところ…佐伯市和楽 1階「大研修室」
・講 師…昇 幹夫(ノボリ ミキオ)氏(産婦人科専門医)
・演 題…『あなたの笑顔、なにより薬!』
・入場料…無料
・事前予約の必要はありませんが、託児希望の方は11月22日までにご連絡ください。
a0279629_11594388.jpg

《講師紹介/昇幹夫さんって、こんな人》
1947年鹿児島生まれ(大阪在住)。産婦人科専門医。1999年に年間分娩数が1,000例を超す病院を退職。過労死寸前の働き方をあらためることに。現在、産婦人科診療もしながら、「元気で長生き研究所」所長や「日本笑い学会」副会長として、笑いの医学的効用を研究。
前向きな楽しい極楽トンボの生き方が、高齢化社会をダイヤモンドエイジにする秘訣と説き、全国各地の講演やマスコミ登場等で活躍中。
主な著書等に、『笑いは心と脳の処方せん』、『泣いて生まれて笑って死のう』、『60歳からの華齢な生き方』、『笑って長生き 笑いと長寿の健康科学』 、『笑いと食と健康と』、『過労死が頭をよぎったら読む本』 、「健康は笑いから」(CD/ラジオ深夜便)など多数。 

《問い合わせ》佐伯市企画課「食育推進係」☎0972-22-4529
[PR]

by shokunomachi | 2012-11-08 12:04 | 講演・研修 | Comments(0)

蒲江小学校で天然塩づくり体験!

平成24年10月25日(木) 14:00~佐伯市蒲江小学校で地元の海水を使った天然の塩作り体験教室が行われました。
「海の恵みに感謝しよう実行委員会」(代表 後藤奈緒子)の指導で、5~6年生36人が総合学習の時間を利用して、塩づくりにチャレンジしました。
 深島沖から汲んできた海水をあらかじめ炊いて濃度を濃くした「母液(ボエキ)」が配られ、土鍋と七輪でその母液を煮詰めていきます。
この日は日差しも強く暑い中、児童は暑さに負けずに煮詰めると、約20分ぐらいで塩が見えてきます。中にはうちわであおぎすぎてススが塩の中に入ってしまい、ススを一生懸命とっているグループもありました。
鍋の上の方についているのは石灰なので、落とさないように気をつけて混ぜる。
うっすら水分が残った状態でガーゼに移して、
a0279629_10105593.jpg

脱水機にかけ水分をとる。
a0279629_10105121.jpg

できあがった塩は、10月28日(日)に行われる「蒲小まつり」で、自分たちで育てたお米を炊いてつくるおにぎりにつけて食べます。少しずつ袋に入れて、お家へのおみやげです。
a0279629_1011872.jpg

参加した児童は、地元の海水は天然の塩が作れるほどきれいで、そのすばらしい環境の中で、つくる塩のおいしさを知ったのではないでしょうか。

塩づくり体験についてのお問い合わせは、「海の恵みに感謝しよう実行委員会」代表 後藤奈緒子まで。
(☎0972-43-3018)(メール info@kishoya.com)
[PR]

by shokunomachi | 2012-11-05 10:13 | 講演・研修 | Comments(0)

佐伯小学校で「弁当の日」が実施されました!

10月30日(火)佐伯小学校 5・6年生による「平成24年度第1回弁当の日」が開催されました。保護者の方から情報を提供していただきましたのでご紹介します。

当日は縦割り班(1~6年生までが一つになって掃除等をする班)で食べました。
その日を迎えるまでの先生・保健給食部の保護者の準備がありがたかったです。
先ず自分達の教室以外で各学年がスムーズに配膳をするために、一学期に縦割り班で給食を食べる練習をしました。
夏休みに5日分ですが初めて食事を作る宿題が出ました。
保健給食部の保護者が家庭から募集した食事のレシピ本お弁当のおかずレシピ本の配付
栄養教諭の山本桃子先生を講師にした弁当を作る講習会の実施…
全体で「弁当の日」を行う気分をもり立ててくれました!!
私の息子が「早起きせんといけんから早く寝たけど…ワクワクして眠れんかった」と話してくれました。

子どもたちが自分で作ったお弁当です。すごい!おいしそう!(絶対おいしいですね。)
a0279629_16414665.jpg

a0279629_16421136.jpg

[PR]

by shokunomachi | 2012-11-01 16:43 | 学校給食 | Comments(0)
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line