<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


佐伯市の主婦、中華料理をプロに学ぶ!

平成24年12月6日佐伯市上堅田公民館において、佐伯市高齢者教室(桜ケ丘学級)で佐伯市中華料理太鳳閣 高村利男さんを講師に迎え、中華料理の教室がありました。
a0279629_9292510.jpg

食材も高村さんが選んだ佐伯市蒲江産のキクラゲなどの佐伯産のものを基本に持参。公民館にある機材を使用し、調理方法も家庭でできる内容にアレンジした中華料理を紹介。参加した24名はプロの手際の良さに感心していました。
a0279629_9293737.jpg

まず、衛生面での注意を受け、皆さんマスクをして調理実習に入りました。日頃家で料理している方々なので、みんなで手分けをして手際よく調理をしていました。
a0279629_929493.jpg

講師の高村さんは大分県の「食育ひろげ隊」や「辻調理師学校講師」としても活躍されています。
[PR]

by shokunomachi | 2012-12-14 09:31 | 講演・研修 | Comments(0)

佐伯の干物おいしい!(下堅田小学校で七輪焼き体験!)

平成24年12月4日(火)佐伯市立下堅田小学校で地元佐伯市の干し物を七輪(炭火)で焼く体験が行われました。「大分県水産加工業振興協議会」の魚食普及の取組として、佐伯市米水津の㈱やまろ渡邉の渡邉幸樹さんの指導で、5年生28人が炭火焼にチャレンジしました。
a0279629_15293536.jpg

干し物についての説明のあと、校庭で実際に七輪に炭火を起こして、干し物を焼いて食べました。焼いた干し物は、ウルメイワシの丸干し、カタクチイワシの丸干し、アジの丸干し、アジの開き等!一番人気はアジの開きでした。
a0279629_1530683.jpg

当初、1人あたりウルメイワシ2尾とアジの開き1枚の予定でしたが、参加した児童は「おいしい~」と、1人で6匹食べる子もいました。
a0279629_1530338.jpg

「魚はきらいだったけど、食べたらおいしかった」「家でも焼いて食べたい」という、うれしい意見も多くありました。今回の取組で、魚に興味をもってもらい、みんなで食べることのおいしさも感じたのではないでしょうか。みなさん、佐伯の魚をどんどん食べて丈夫な体をつくってください!
[PR]

by shokunomachi | 2012-12-12 15:32 | 食材 | Comments(0)

霧島・食の文化祭に行ってきました。

平成24年12月2日(日) 鹿児島県霧島市で行われました「第9回霧島・食の文化祭」に行ってきました。会場の霧島保健福祉センターには、あいにくの雨天にかかわらず、たくさんの人たちが入れ替わり訪れていました。
応募により持ち寄られた霧島の家庭料理を展示した「家庭料理大集合」
a0279629_9333129.jpg

参加団体の活動報告、もんぺを来た地元のおばあちゃんと孫(中学生)が、お茶と漬物で迎えてくれる「おばあちゃんと孫のちゃぶ台カフェ」、
a0279629_93456.jpg

石臼を使ったきなこ作りなど盛りだくさんの内容。
昼食コーナーでは、霧島の母ちゃんの味(高菜と梅干のおにぎり、豚汁、そばすい)の販売もありました。
a0279629_9341679.jpg

携わっている霧島食育研究会のメンバーや多くのボランティアの方々が目的を共有し、楽しんで参加しているのが印象的でした。終了後の反省会にも参加させていただき、貴重なお話を聞かせていただきました。みなさん、ありがとうございました。

詳しくは霧島食育研究会ホームページをご覧ください。http://www.geocities.jp/kirisyoku/
[PR]

by shokunomachi | 2012-12-12 09:36 | 講演・研修 | Comments(0)

家族でブリ料理にチャレンジ!

平成24年12月1日(土)Heart Warm(代表:久野由香)主催お魚料理教室が佐伯市和楽で行われました。今回の食材は冬が旬のブリ。なんと、1家族ごとにブリが1本つき、ブリを3枚におろすところから始めます。
最初に、蒲江で今話題の「かぼすブリ」を養殖している川上さんよりブリ養殖の説明がありました。川上さんは「みなさんに1次産品の応援団になってもらいたい。食べることに興味をもってもらいたい。」と熱く語られていました。
a0279629_17002.jpg

代表の久野さんによりるブリさばきの説明があり、子どもたちは一生懸命聞いていました。
久野さんは「私たちは魚の命をいただいて、そしてみんなの体になっている。感謝の心をもって料理をしてもらいたい」と話されていました。
a0279629_170149.jpg

さあ、かぼすブリをさばくことにチャレンジ!参加した9組の家族は、大きなブリにてこずっていましたが、なんとか成功!
a0279629_1703450.jpg

ブリの刺身、ブリシャブ、南蛮、セビーチェなどを作って食べました。
a0279629_170547.jpg

参加した子どもたちは、思ったより簡単だったなど、心強い意見もありました。これで今年の年越し・お正月は、ブリ料理に決まり!
[PR]

by shokunomachi | 2012-12-10 17:01 | 講演・研修 | Comments(1)

会場が笑いの渦に!昇幹夫先生の講演会佐伯市で開催!

平成24年11月28日(水)佐伯市和楽において、全国で講演活動されている昇幹夫先生の「笑って泣いてためになる、食と笑いのトークライブ」が開催されました。
a0279629_8451210.jpg

「あなたの笑顔 なにより薬!」をテーマに、「笑うことでNK細胞が元気になり、よく笑ってそして泣いて病気に打ち勝とう。」
a0279629_8451318.jpg

「人生には終わりがある。その時楽しいことしか思い出さない。」「1日はみんな24時間。21世紀は生き方のコンクールの時代。」などのお話を、食の面ではトランス脂肪酸の危険性についてのお話を、ユーモアたっぷりに話され、会場は終始笑いで包まれていました。
この講演を聞いて、私たちの与えられた時間を大切に、今与えられた役割に一所懸命取組み、そして、みんなで楽しい時間を共有できたらいいな~と改めて思いました。
昇先生楽しい時間をありがとうございました。
[PR]

by shokunomachi | 2012-12-10 08:47 | 講演・研修 | Comments(0)

渡町台小学校の食育の取組報告会が行われました。

平成24年11月27日(火)佐伯市立渡町台小学校で「栄養教諭を中核とした食育推進事業実践報告会」が行われました。
 給食参観では、「活き活き献立の日」11月の食材のシイタケの生産者の磯貝昭生さん家族が3年1組に招待されました。磯貝さんのシイタケ生産についての説明の後、磯貝さん一家は児童といっしょに給食を食べました。
a0279629_16403456.jpg

 公開授業では、2年4組は音楽で食べ物のうたをみんなで合唱ました。楽しみながら食べ物を覚えることができたと思います。4年1組は人々の願いを込めた行事食というテーマで、「おせち料理」の食材の意味について学びました。旬の食材や食べ物に対する意識が深まったのではないかと思います。6年3組は栄養のバランスを考えた食事について、班ごとに研究した結果を多機能情報端末を使って報告していました。自分たちで調べることで、食事の栄養等に興味をもち、食の大切さについて考えるきっかけになったのではないかと思います。
a0279629_16425041.jpg

 全体会では、渡町台小学校における食育推進の実践報告が行われました。その中で、最も重要なことは「児童が主体」ということであり、「続ける」ということである。また、学校給食を生きた教材として活用し、尾頭つきの日、かみかみメニューの日、活き活き献立の日などを実施している。また、よく食べる学級は元気がいいということでした。
a0279629_16412060.jpg

 この報告会に参加させていただき、体験学習の重要性、渡町台小学校の食育の取組のすばらしさを再認識しました。
a0279629_16413725.jpg

[PR]

by shokunomachi | 2012-12-07 16:44 | 学校給食 | Comments(0)
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line