人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


なちゅらる城下堂☆7月のお知らせ

佐伯市仲町オーガニック食育に関するスペース
なちゅらる城下堂
7月のお知らせです。

毎週火曜日
ワークショップ
参加無料!

みなさん、お気軽にご参加ください♪
a0279629_13391436.jpg


by shokunomachi | 2019-06-27 13:41 | 食育

松浦小学校での菌ちゃん野菜作り

6/11に松浦小学校にて菌ちゃん野菜作りが行われました


まずは「菌ちゃんのごはん」作り♩

食べやすいように細かくカットします

a0279629_11014667.jpg

「おいしくな~れ」の掛け声の元、子ども達も一緒に♩


a0279629_11061590.jpg
「菌ちゃん喜んでくれるかなぁ」
「菌ちゃん食べてくれるかなぁ」
子ども達は「菌ちゃんのごはん」に興味津々!!


細かくなったら土に混ぜ込みます



a0279629_11073678.jpg

「菌ちゃんが食べやすいようにあまり深いところに入れないでね~」
「手でやさしく混ぜてあげてね~」


菌ちゃんが増えてほかほかの土になる日が楽しみです




by shokunomachi | 2019-06-11 14:19

ナチュラル風土クッキング♩

6/7、船頭町のチクタクテンポにて

ケーブルテレビの食育推進啓発番組である
「ナチュラル風土クッキング」

収録がありました

その様子を少しご紹介します♩




a0279629_10091433.jpg




今回はなんと、、、!

特別ゲストをお迎えして、新たなナビゲーターも登場します

子育て中のママで多方面で活躍中の方が講師となり、三大アレルゲンを除いた子どもにぴったりのおやつを紹介してくださいます


装いも新たなナチュラル風土クッキングをお楽しみいただけますよ~

放送は7/22~7/26です。
皆さんお楽しみにー♪




by shokunomachi | 2019-06-07 18:50 | 食育

梅仕事

みなさん、こんにちわ180.png

梅雨と書いてつゆと読むように、5~6月は雨の季節でもあり、の季節でもあります。

なちゅらる城下堂では、6月4日(火)に梅仕事のワークショップを開催しました。

そちらの模様はケーブルテレビ佐伯さいきっちの中で紹介されますので、どうぞご覧ください!


今回はそれに先立って行った試作の様子をご紹介します。

使用したのは、佐伯で採れた小梅。

もちろん無農薬、というよりなりっぱなしの梅です。

この小梅を、味噌漬け塩漬けにしました。

まずは、

収穫するところからです!
a0279629_14305435.jpg



収穫した梅は、水洗いしてその後水気をきれいにとります。

続いて、ヘタの部分を楊枝などでとります。

傷のあるものはカビの原因になるので残念ながら取り除きます。

a0279629_14302831.jpg


梅味噌はいろいろな作り方がありますが、今回は加熱なしで梅と味噌だけを混ぜたシンプルなものにしました。

小梅なのでヘラなどで軽く潰して、

味噌と混ぜます。

a0279629_14303505.jpg


これを一か月ほど寝かせて、しっかり梅のエキスと味噌が混ざったら完成177.png

梅の酸味と味噌の塩味を活かして、あえものやドレッシングなどに使うことができます。

夏の暑いときに、元気になる味ですよ。


続いて、塩漬けはヘタを取った梅を丸ごと塩に漬けました。

塩分は18%

ここに梅酢を少し加えると、早く酢が上がって上手に漬けることができます。

これを梅雨明けの天気の良い日に干せば、梅干しとなります。

a0279629_14304143.jpg


それまでじっくり梅のおいしさ抽出中です。


なちゅらる城下堂では、毎週火曜日に食育に関するさまざまなワークショップを行っています。

詳しくは毎月発行のイベントカレンダーをチェックしてみてください♪




by shokunomachi | 2019-06-06 14:37 | 食育

なちゅらる城下堂☆6月のお知らせ

佐伯市仲町オーガニック食育に関するスペース
なちゅらる城下堂
6月のお知らせです。
食育月間である6月はイベントが盛りだくさん!
毎週火曜日
ワークショップ
参加無料!

みなさん、お気軽にご参加ください♪
a0279629_16483532.jpg


by shokunomachi | 2019-06-01 08:43 | 食イベント
line

大分県佐伯市は食育を中心に、あらゆる分野において、食の魅力を発信、活用することによるまちづくりに取り組んでいます。


by shokunomachi
line